永久脱毛するには

 

永久脱毛をする場合には、脱毛サロンで行うか医療機関で行うかの2通りがあります。どちらの方法でも、同じ原理で脱毛をするのですが、それぞれに違ったメリットとデメリットがあります。

まずどちらの方法でも光を射出して、毛を毛根から焼くことで再び生えることを防止する方法になります。ただし脱毛エステサロンではフラッシュと呼ばれる方法を使用して、医療脱毛ではレーザーと呼ばれる方法を使用します。

違いは何かと言いますと、光の出力になります。脱毛エステサロンでは出力の弱い光を射出しますので、肌への負担が軽くて済みますが、その分効果も薄くなり、複数回に分けて行わなくてはなりません。

レーザー脱毛は出力の強い光を射出しますので、1回での効果は高くなりますが、その分肌への負担が高まり、肌トラブルが多くなってしまいます。

しかしどちらの方法であっても、脱毛効果の永久性を求めるのであれば、複数回は行わなくてはなりません。これは出力の強いレーザーでも同じことなのです。

毛の成長には一定のサイクルがありますので、施術をした際に休止期間中の毛が必ず存在していますので、その休止期間中の毛は再び生えてきます。

ですので、そのサイクルに合わせて脱毛サロンや医療機関に通わなくては、永久的に脱毛をすることは難しいでしょう。

 

Comments are closed.